私は今幸せか?3回目です。

「人生120年の選択」(一指李承憲氏 著) より

-環境を制する-続きからです。
*******************

 年をとると、真っ先に肉体的な環境の変化を体験します。体力が衰え、肌のハリもなく
なり、体調不良も頻繁に起こります。このような肉体的な変化には、不安、悲しみ、恐れなど
のつらい感情を伴いやすいものです。このような感情がわくと、どのように対処すれば
いいでしょうか?一つの強力な方法は、前に述べた生活の中での運動を行い、感情に集中している
意識を体に移すことです。何度も練習するうちに、短時間で否定的な感情から抜け出し、
自分で気分を変える感覚を会得できるようになります。
 もっと根本的な方法は、自分自身と感情の関係を明確に整理することです。感情は、私
ではなく私のものです。感情も他のすべてのものと同じく、私に影響を与える「可変的な環境」です。
感情は私の実体ではなく環境だから、私が変えられるということを知る必要があります。
 トレーニングと瞑想を数多く行い、いくら心を治めようとしても、否定的な感情は起こります。
寂しいこともあり、悲しいこともあり、ときには怒りがこみ上げたりもします。
それは至って正常です。肉体があり、多くの人々や出来事にもまれながら生きていく限り、
そのような感情がまったく起こらない状態は絶対にありえません。多くの外的・内的環境の中で
生きているので、環境の変化によって感情が起こるのは当然です。毎日、晴ればかりではなく、
ときには曇りの日もあり、風が吹いたり雨が降ったりするように、このような変化を
淡々と眺められるように心の中心をとる必要があります。

*******************

読んでいるとわかったような気になりますが、実際に行動に移すことが大事です。
なんでもいいから、1分間 体を動かしてみてください。スタート!!

どうですか?

この続きはまた来週(^^♪

よい1日をお過ごしください。