時間がなくて忙しいけど
運動しなければ・・・と感じている方はたくさんいらっしゃいます。

「ジョギングは無理でも 歩くことなら」ということで
ウォーキングは人気のある健康法の一つですが、ご自分の歩き方を
一度チェックしてみましょう。

間違った歩き方では、足を痛めたりすることもあります。

次のような記事も目にしました。
日本人の9割は「歩き方」が間違っている」(プレジデントオンラインより)
健康維持には適度な運動が必要といわれている。なかでもウォーキングは誰でも自分のペースで始められる手軽な運動として人気が高い。しかし、正しい歩き方に対する知識が不足していると、けがや運動器の障害を招くことになりかねない。正しい歩き方のコツとそのために必要な筋肉について、ノンフィクション作家のかじやますみこ氏が、理学療法士の田中尚喜氏に聞いた――。
全文はこちらから→→→https://president.jp/articles/-/26132

イルチブレインヨガでは「ジャンセンウォーキング」(長寿歩行)を行っています。
一指(イルチ)健康法からご紹介します。

(^^♪イルチ健康法のウォーキングで全身をバランス良く刺激(^^♪

何歳になっても健康でいるための秘訣は、全身の筋肉や臓器をバランス良く使うことです。全身をバランス良く動かすうえで最適なのがウォーキング。イルチ健康法では、通常より運動効果の高いウォーキング法を提唱しています。

日ごろの健康管理として留意したいことの一つが、体の使い方の偏りをなくすこと。一部の臓器や筋肉だけを酷使していると、バランスが崩れ、体調不良に陥りやすくなります。

たとえば、心臓だけに過度な負担をかけていると循環器系のトラブルを招きやすくなり、胃にムリを強いてばかりいると消化器系の不調を抱えやすくなります。

体のトータルバランスを保つうえでたいへん有効なのが、ウォーキングです。ウォーキングは典型的な「全身運動」で、600個以上の筋肉と、それと一緒に動く200余りの骨をすべて使います。さらに、ウォーキングは足の裏を刺激することで、全身に広がっている数々の神経を刺激し、血液循環や代謝を活発にさせます。

長く健康でいたいなら、まずは、日々の歩数を増やすことから始めてみましょう。イルチ健康法では、老若男女がだれでも気軽に楽しめるウォーキングを提唱しており、ムリなく全身を活性化させることができます。

健康管理には「私の体は私ではなく、私のものである」という意識を持つことが大切。こうした「主人意識」にもとづいてウォーキングに取り組めば、心身ともに自ずと若返っていくはずです。

画像に含まれている可能性があるもの:靴