冷え対策で肩こり・腰痛予防

今回も私たちがサポートしている一般社団法人ECOのコラムを紹介させていただきます。

11月にもなると、日中と朝方、夕方、夜で気温差がいちだんと激しくなります。そんな時季にこそ注意しなければならないのが、腰痛や肩こり。慢性化すると、どんどんつらく、悪化する恐れがあります。

■冷えで腰痛、肩こり
腰痛や肩こりの原因はたくさんありますが、秋から冬にかけては日中と朝夕などの気温差、そして室外と室内の空調による気温差などによる、体の冷えが原因となりやすいです。
また、寒さでストレスを感じると筋肉が硬直し、肩こりや腰痛が引き起こされてしまいます。デスクワークなどで一定時間座ったままなど同じ姿勢でいることも、肩や腰のコリを引き起こします。

■血のめぐり
腰痛や肩こりの改善には、体内の血のめぐりを良くすることが大切だとされます。血液の通り道である「血管」を柔らかく、元気にするのがポイント。
血管には、血液をスムーズに流し、全身に酸素と栄養をめぐらせるという役目があります。「人は血管とともに老いる」といわれる通り、加齢とともに血管は弾力を失って硬くなりがちですが、生活習慣に気をつければ血管を若返らせることができます。

■免疫力
冷えは腰痛・肩こりだけでなく、免疫力低下の原因にもなります。風邪やインフルエンザなどのウイルスは体温が高いと死滅しやすくなるとされており、風邪のときに熱が上昇するのは、ウイルスを撃退しようとする免疫反応の一環です。その一方で、体温35~36℃くらいの低体温だとウイルスが元気になるため、風邪をひきやすくなります。

■へそヒーリングでポカポカに
へそヒーリングは、へその周辺に働きかけることで腹部の血行を促し、リンパ節の働きも活発にして、免疫反応や老廃物の排出を盛んにする健康法です。

おへそから胃腸を刺激して腸内環境を整えるとともに、腸の中に溜まっている血液をポンピングし、全身に循環させていきます。血液循環の改善によって、短時間で腹部から下半身や足先まですぐに温かくなるのが感じられるのが特徴。腸のぜん動運動の活発化により、ダイエット効果も期待できます。
また、硬くなっていた腸の緊張とともに感情的な緊張もほぐれるため、心のリラックスやストレス解消へとつながります。
これから一段と寒さが増してきます。へそヒーリングで冬を乗り越えましょう!

👀筋肉強化で基礎代謝アップ

天王寺スタジオが応援している一般社団法人ECOのコラムを紹介いたします。

■基礎代謝
私たちが1日に消費するエネルギーのうち、実は60~75%は基礎代謝が占めていると言われます。基礎代謝の量は、男性で18歳くらい、女性は15歳くらいでピークを迎えるとされ、その後は、年齢とともに低下していきます。基礎代謝が落ちてエネルギー消費が減ると、そのぶん余ったカロリーは脂肪として体内に蓄積されていきます。

■筋肉
基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命維持に使われるエネルギーで、特に体を動かしていなくても無意識に働いています。では、基礎代謝を落とさないようにするには、どうすればよいのでしょう。
まず、筋肉の量を維持することが一つのポイントになります。人体の部位別の基礎代謝のうち、骨格筋は22%を占めるとされ、筋肉が1キログラム増えると、それだけで基礎代謝が13キロカロリー増えるといいます。さらに、筋肉がより多くの酸素(新鮮な血液)を必要とするようになるため、血流が良くなります。これが代謝を活発化させます。

■スクワット
そこでおすすめなのが、ブレイン体操の「がに股スクワット」です。スクワットは最も基礎的でかつ効率の良い筋トレです。大きな筋肉が集まっている脚とお尻を鍛えます。とくに太ももの前の部分にある「大腿四頭筋」を強化できます。
大腿四頭筋は体の中で一番大きな筋肉です。大きいからこそ、カロリー消費の効果が得られやすいです。基礎代謝もアップします。血行もよくなり、冷え体質の改善にもつながります。
また、大腿四頭筋は、立ち上がる際や歩行時に使います。とても大事な筋肉ですが、放っておくと衰えやすいです。弱くなると、関節に負荷がかかり軟骨の摩耗が進んでしまいます。ロコモや寝たきりを予防するためにも、スクワットで大腿四頭筋の力を維持することが非常に大切です。

■「がに股」で太ももの内側を強化
がに股スクワットは「ワイドスクワット」とも呼ばれ、通常のスクワットに比べて、太ももの内側の筋肉(内転筋)をしっかりと強化できます。太ももの内側の筋肉は、股関節や骨盤を安定的に機能させるために不可欠な筋肉です。うまく働かないとO脚の原因にもつながります。さらに、がに股スクワットは生殖器と肛門周りの筋肉も強化できます。
お尻を後ろに引きながらひざを曲げるのがポイントです。かかとがつま先より前に出ないように注意しましょう。また、つま先の向いている方向と、ひざが曲がる向きを同じにするのも、ケガを防止するうえで大切です。

いかがでしたでしょうか❓

気になること、わからないこと、お気楽にご相談ください💛

へそからはじまる健康法「へそヒーリング」とは?

お母さんのお腹の中で命をもらっていたおへそは、

へその緒を切った後も全身に影響を与えています。

へそ健康法を活用すれば、

健康と幸せを自分で守る「体の主(あるじ)になる」ことができます。

へそを中心に自分の体を知っていくと、

体をどう管理し、愛すべきかが分かります。

体の感覚が開くと意識が開き、体の循環もスムーズになり、

意識の作用も活発になります。

へそヒーリングは、へそというボタンを活用した健康法です。

生命を維持する大事な器官が集まっているおへそを中心に

へそヒーリングを行えば、

消化器系、循環器系、免疫系にダイレクトに影響を与えられます。

昔の人に比べると、現代人は腸がとても硬くなっています。

腸が硬いというのは、循環と排出がうまくいかず腸機能が弱まり、

動きが鈍って滞り、これが続いて固まった状態を指します。

へそヒーリングは、

このように硬くなった腸をほぐすことによって腸機能を回復し、

循環機能と排出機能を向上させ、全身の健康を高めます。

 

血行を促して免疫力アップ!

 

 

いつもご覧いただきありがとうございます💗今回はこちらをご案内します😊

夏の疲れが残っている初秋。朝晩と日中の気温差が激しく体調を崩しやすいです。「皿まわしエクササイズ」で全身の血行を促し、体が冷えすぎないように注意しましょう。

 

■秋の自律神経
秋口まで続く夏バテ症状は、自律神経と深く関係しているとされます。人間の体には、体温をできるだけ一定に保とうとする機能があり、暑いときに汗をかいて熱を放出しようとし、寒い時には体が震えたりすることによって熱を生もうとします。

この温度調節は自律神経の働きの一つですが、秋が始まるころには、夏の厳しい猛暑によって蓄積された自律神経の疲労がピークに達します。

開放感にひたっていた夏休みが終わることも、メンタルに微妙なストレスを与えます。

自律神経は、アクティブ系の「交感神経」と、リラックス系の「副交感神経」のバランスで成り立っています。一般的に仕事をしているときは交感神経、休んでいるときには副交感神経が活動します。この2つをうまく切り替えることで、自律神経のバランスが回復しやすくなります。

■朝晩と日中の気温差
また、秋になると風が涼しくなり、朝晩の冷え込みが厳しくなります、朝晩と日中の気温差が激しくなります。自律神経のバランスは一段と崩れやすくなります。

空気も乾燥し、体内や肌の潤いが失われ、風邪をひく人も増加。夏のように汗が出なくなるため、老廃物が体内にたまりやすくなります。

そんな秋を乗り切るためには、血流をスムーズにすることが、健康への近道になります。血行が良くなると、自律神経のバランスも整えられ、免疫力アップにもつながるからです。

全身の血液循環が悪いと、全身の細胞に栄養分や酸素が十分に行かなくなるため、全身の細胞の働きが停滞。免疫細胞の主体である白血球も滞りやすくなり、免疫がダウンしてしまいます。体温が一度下がると免疫力が30%も低下するとされています。

 

■血流から免疫力アップ
血流改善のオススメの方法が、「皿まわしエクササイズ」です。

皿まわしは、手のひらの上にお皿が乗っているとイメージし、それを落とさないようにして腕を大きく動かすだけ。それだけで、腕、首、肩、腰、足など全身の関節や筋肉が刺激されます。血流の「詰まり」や「淀み」が取り除かれ、エネルギーの滞りもリセット。肩こり・腰痛や冷えの改善、内臓機能の向上にも役立ちます。

 

今月のおすすめ地球市民1分運動「皿まわしエクササイズ」

 

①足を肩幅に開いて右足を前に出し、左手の 手のひらを上に向け、腰にのせます。

②右手を右側に伸ばし、手のひらは上に向け、 ひじは軽く曲げます。

③想像の皿を落とさないように、ゆっくりひじを 外に向けながら曲げ、下腹の高さまで半円を 描きます。

④わきの下を通ってS字を描きながら腕を伸ばし、 皿を持ったまま、頭の上で大きく回します。 手のひらの皿のバランスを維持することに集中し、 手の動きを目で追います。

⑤ 10回繰り返し、反対側も同様に行います。

*無理せず自分のペースで行いましょう

「腸運動」をご紹介します(^O^)/

こんにちは❣いつもご覧いただきありがとうございます😊💗💗💗
今回はイルチブレインヨガのベーシックなエクササイズのひとつ、
「腸運動」をご紹介します。
レッスンでは準備運動として行うことが多いですが、とても奥が深く重要なエクササイズです。
体験レッスン受付中!
スタジオレッスンもオンラインレッスンもOK!
スタジオでは、換気、消毒、人数制限を設けて
完全予約制でレッスンを行っています。

おすすめのストレス対処法7選④

こんにちは❣いつもご覧いただきありがとうございます😊💗💗💗
ストレスがたまったとき、どうしていますか?
誰にもイヤなことはあるもの。
ストレスとうまくつきあいたいと
思っている人は多いでしょう。
ストレス対処法のあれこれについて、
解説してみます。
■夏なら温泉もおすすめ
ストレス対処法として、温泉もおすすめです。
夏場の温泉は、「暑い」と敬遠されがちです。
でも、蒸し暑く、人をイライラさせるプラスイオンの空気が多い都市部から、心身を鎮めるマイナスイオンが多い温泉地へ旅行するのは、気分転換になります。
温泉地の自然の中を歩けば運動不足解消にもなります。その土地のおいしい名産物を前にすれば、暑さで弱っていた食欲も出てきます。何より、温泉浴そのものが、冷房で冷えきった筋肉をほぐすのに役立ちます。蒸し蒸しした気候で積み重なった不快感も軽くなるでしょう。
夏の温泉は、海抜数百メートルの木で覆われた場所や高原、つまり涼しく、森林浴と温泉浴が一緒にできるところが、とくにおすすめです。
夏は38度くらいのぬるい温泉もいいでしょう。
ぬるければゆっくり入浴できるので、
温泉成分のメリットも享受しやすいのではないでしょうか。緊張した心身が休まり、ストレスがたまっている人にはぴったりですね。
ストレス対処法はさまざま。
その時の自分に向いている対処法を
使い分けながらストレスと
つきあっていきましょう。
2人、立っている人、スリープウェア、室内の画像のようです

おすすめのストレス対処法7選③

こんにちは❣いつもご覧いただきありがとうございます😊💗💗💗
ストレスがたまったとき、どうしていますか?
誰にもイヤなことはあるもの。
ストレスとうまくつきあいたいと
思っている人は多いでしょう。
ストレス対処法のあれこれについて、
解説してみます。
■おいしいものを食べる
もうひとつ、日常でできる簡単なストレス対処法は「おいしいものを食べる」です。
食は老若男女共通の楽しみ。
行きつけのお店で季節の食材を使った料理を楽しみ、食の世界に浸る。
別世界に身を置くことで気分が楽になります。
ただ、ヤケ食いには気をつけましょう。
お酒の飲み過ぎも、体調悪化につながりかねません。
■よく寝る
「よく寝る」ことも、ストレスケアに役立ちます。寝れば心が安定してくる、という人も多いです。そもそも現代人は睡眠不足のことが多いといわれています。寝て頭と体の疲れをとると気持ちも切り替えられるでしょう。

おすすめのストレス対処法7選②

こんにちは!いつもブログをご覧いただきありがとうございます😊💗💗💖

ストレスがたまったとき、どうしていますか?
誰にもイヤなことはあるもの。
ストレスとうまくつきあいたいと
思っている人は多いでしょう。
ストレス対処法のあれこれについて、
解説してみます。
■おしゃべり
おしゃべりも、ストレスケアに役立ちます。
愚痴も悩みも、話せる人がいることでかなり救われます。
直接悩みについて話さなくても、
友人や家族と関係のない雑談をしているうちに、
いつの間にか頭のモヤモヤが晴れている、ということもあります。定期的に集まって友だちとおしゃべりをするという人もいます。
■読書
ストレス対策として意外と人気があるのが読書です。良い本に接すると、世界が開けてストレスがちっぽけに感じられます。
その結果、細かいことが気にならなくなることがあります。物語に入り込むほど、嫌なことも忘れてしまいます。ミステリー、歴史などの小説、マンガなど、ご自分が好きなジャンルが一番でしょう。
映画も同様に、ストレス対処につながります。
感動、笑い、非日常を味わえるのが映画の魅力。
そのときの気分によって見たい作品を選んで気分転換しましょう。

 

自律神経を整えて夏の疲れ解消♪

こんにちは!いつもブログをご覧いただきありがとうございます😊💗💗💗

最近、なんだか体調がすぐれない、疲れがとれないという人は、自律神経が乱れているのかも。体を左右にねじる体操で背骨まわりの緊張をほぐし、自律神経のバランスを整えましょう。暑くて運動する気になれない人でも、ゴロゴロしながら簡単にできます。

 

■自律神経と背骨の関係
夏バテの要因の一つとされるのが自律神経の乱れ。自律神経は、心臓を動かしたり、発汗を促したり、血圧や胃腸などの体の働きをつかさどる神経で、夏になると、バランスを崩しやすくなります。

自律神経は、背骨と深い関係があります。人間の背骨は24個の小さな骨がつながってできています。その骨の中に自律神経の束が通っています。背骨をゆるめて緊張をとることで、自律神経を整えることができると言われています。

 

■脊柱起立筋
カギを握るのが、脊柱起立筋と呼ばれる筋肉です。名前の通り、背骨をまっすぐに支える筋肉で、背骨に沿って走っています。

脊柱起立筋は、寝ているときも、座っているときも、立ったり歩いたりしているときも、背骨を支えるために力を出し続けています。そのため、とても疲れやすいです。

脊柱起立筋が疲れると、背骨が曲がったり、肩や腰のコリや痛みを起こしたりしやすくなるだけでなく、自律神経にも悪い影響を与えるといいます。ときどき脊柱起立筋の緊張をほぐし、疲れをとってあげる必要があります。

とりわけ私たち現代人は、デスクワークなどで座っている時間が長いです。同じ姿勢をとり続けていると、脊柱起立筋などの腰まわりの筋肉が疲労します。

 

■筋肉でゆがみを防ぐ
腰痛を予防するためにも、背骨まわりの筋肉をケアすることは大切です。

人間には個人個人の姿勢のゆがみがありますが、筋肉を鍛えると筋肉が天然のコルセットのような働きをして、骨を固定し、ゆがみを防いでくれます。骨が少しゆがんでも筋肉が元に戻す働きをしてくれるのです。

 

■背骨をゆるめる
ブレイン体操「足を左右にねじる」では、あおむけに寝た状態で両足を上げ、左右にひねります。腰や骨盤周りの緊張をとり、背骨をゆるめることができます。自律神経の通り道がほぐれ、バランスが整いやすくなります。また、深層筋(インナーマッスル)を鍛えるのにも役立ちます。

おすすめのストレス対処法7選 ①

こんにちは!いつもブログをご覧いただきありがとうございます😊💗💗💗
ストレスがたまったとき、どうしていますか?
誰にもイヤなことはあるもの。
ストレスとうまくつきあいたいと
思っている人は多いでしょう。
ストレス対処法のあれこれについて、
解説してみます。
■王道は「運動」
ストレス対処の王道といえば、運動です。
なんといっても「スッキリ」感が得られます。
汗を流せば気分転換でき、「明日もがんばろう」と思えるようになります。
ただ、苦手な種目だと長続きしません。
運動もやはり、楽しんですることが一番。
好きなことを、できる範囲で楽しみながらするのがいいでしょう。
散歩でもOK。
通い慣れた道でもゆっくりと歩くだけで
季節や自然を感じられ、
頭のモヤモヤも忘れられるはずです。
■スポーツ
特定のスポーツに熱中するのも、
ストレスケアにつながります。
スポーツをしているときは
ゲームや練習に集中し、
仕事や人間関係のことも
忘れることができます。
とくに子どもにとってスポーツは
健康的なストレス対処法になります。
昔に比べると最近は、スポーツ嫌いだったり、
運動をしない子が多いです。
これは学校体育で画一的な指導をしすぎるのが
原因だといわれます。
スポーツを通じて得た友人とは
一生の付き合いができます。
小さいころから体を動かす
楽しさを教えたいですね。
ただ、スポーツに熱中しすぎて、
体を壊してはいけません。
休養も練習のうち。
勇気を持って休むことがケガの防止に
つながります。
子どもたちが休養を取りたいと言えるような
雰囲気をつくることも大事です。